運動学習を効果的に行う方法

新しいことを始めた時、効率よく上達するためにどんな工夫をしていますか?

例えば、剣道や空手といった型を重要視するものは、ひたすら型の練習をしますよね。

野球の素振りもそう。とにかく、ひたすら同じ動作を繰り返すことによってその動作を身体に覚えこませることをします。

ときに、その練習量が自分の自信になったりしますよね。「毎日1000回も素振りしたから大丈夫!行ける!」とか。

(たまに、「俺は毎日2000回やってるから俺の方が凄い!」とか良くない考えを持っている人もいますが)

 

そんな動作の習得方法について面白い研究結果があったのでご紹介します。

運動学習を効果的に行う方法
~一人より二人でやればうまくいく~

実際に手と手をとり合って動作を教えることにより、効果的に動きを学習できるかもしれないというお話です。

実験では、二人の人の手を機械でつなぎ、同じ動作しかできなくしたうえで、同じ動作をさせます。

二人の人は同じ様に動作をするのですが、人によって微妙にその動きは異なりますよね?

しかし、二人の人は繋がれているので自分と相手の動きが合わさった動きをさせられます。

二人三脚で隣の人と繋がれた足のようなイメージです。

もしくは、こんな大道芸。

このようにすると、普通に一人で練習するよりも上達が早いというのです。

(あ、もちろん動画中の人形は人に置き換えてください)

しかも、繋がれる相手が自分よりヘタな人でもOKとのこと。

昔から、”手取り足取り”なんて言葉がありますが、それが実験で示されたことになるのでしょうか。

しかも機械経由で繋がれても学習効果がUPするということは、相手が遠隔地にいてもOK。

さらには、相手が人間じゃなくてもOKということでしょうか。

つまり、プロの人の動きを機械に記憶しておき、その機械を装着して機械の動きに併せて動作を繰り返す事によって、プロの動きが習得できるということになります。

(実際は、体格の違いやら何やらでそんなに簡単には行かないと思いますが)

 

文字の練習にこれを使ったら効率的にできそう。

(小学校の時ひたすらなぞりましたよね?)

習字やペン字にも簡単に応用できそうです。

 

むかし、大リーグボール養成ギブスなんてものが漫画にありましたが、あながち間違ってはいないのかも。

 

みなさんならこれをどの様に使いますか?

スポーツの練習も効率的に機械相手・・・よりは、仲間との直接的なコミュニケーション(手取り足取り?)の中でやった方が楽しそうだなぁと思ってしまいますが。。。