塩竈夢ミュージカル2017『ふらここの夢』

こんにちは!

週末は『塩竈夢ミュージカル』に出演者として参加してきました。

夢ミュージカル、お客として観に行ってももちろん面白いけれど、実際にやってみると舞台裏や本番までの過程が見えてもっと面白い。

足かけ半年にわたる練習は、夕方以降も予定が入りやすい今の仕事だとなかなか大変だけど、実際にやってみて初めてわかる夢ミュージカルの凄さや魅力、重要性、達成感、そして潜在的な可能性は、それまでの大変さを一瞬で吹き飛ばしてくれます。

 

昨年初めて出演者として参加して、今年で二回目。

昨年はよくわからないままについていくので精一杯でしたが、今回は少し落ち着いて全体を見ることができました。

子どもたちは一回一回の練習や公演の中でぐんぐんと成長。舞台は4回ある公演の中でもどんどん改善されていって、初回と千秋楽では随分観に来た方の受ける印象も変わるだろうなぁ。舞台はナマモノと実感。

 

今回の役は70年前の小学校の先生。

普段の自分に近いキャラクターなので役に入りやすく、それでいて自分に足りないものを気づかせてくれました。また、私を知っている人は観劇の中でさらにクスッと笑えるという、とてもいい役をあてていただきました。感謝。

16729134_10208415838539329_2241602071785705650_n
男の掛け合いを一緒にやった70年前の魚屋の直治さんと。

みなさま、ありがとうございました!

 

さて、現実世界に戻ります。

春の浦戸は居るだけで癒される。たとえ釣りはボウズでも。

GW満喫してますか?

私は大変癒されております。
五月の頭、浦戸寒風沢と野々島に行ってきました。

目的は、TANeFUNe企画を見に行くことと、釣り、そして”癒し”を求めて。

新緑の浦戸はどこも美しい!

この時期の浦戸は、草木のエネルギーに満ち溢れています。

自然の中を歩くだけで濃い自然のエネルギーを浴びてリフレッシュできるような気がします。

季節がら気候も良く、散策するのにも最適。

秋も歩きやすい季節ですが、私は春の方が好きですね(^^)

野々島に点在するボラ。震災後の嵩上げで埋められてしまうとか。 野々島のツバキロード。木漏れ日の中を歩くと、とてもすがすがしい気分に。 この時期の野々島は様々なところで菜の花を目にすることができます。太陽の光に、黄色い花びらが映えます。  晴天に恵まれ、寒風沢日和山からの景色もとてもいい。霞具合もたまりませんね。そんな中で行われたTANFUNe企画『野々島つばきトンネルと柴田三兄妹』。

 

自然の中で聴く三味線というのもなかなか良いものでした(^^)

つばきトンネルで三味線を披露する柴田三兄妹。

柴田三兄妹、また浦戸で演奏してほしいな〜。

企画をしてくれたTANeFUNe二代目船長、喜多さんありがとう!

 

TANeFUNeクルーズ。TANeFUNeが浦戸諸島にいるのは夏まで。

釣れなくても楽しいのだ!

もう一つの目的であった釣りの方は全くの空振り。

行ったメンバー全員合わせてわずか二匹。

あとはアタリすらほとんどないという。

あまりに釣れないので、仕掛けと対話してみる。

地元の人に聞いてみたところ、水温がまだ低くて魚が寄ってきていないのでは?とのこと。

釣れるようになるのはもう少しあとかな?

こちらは、散策とは反対に秋口の方が調子がいいかも。

しかし、それでも楽しいのだ。

普段、他のところで釣りをしているときに釣れないと肩を落として帰る羽目になるのだが、浦戸では自然とそうならない。

釣り糸を垂らしてぼーっとしてるだけでなんとなく楽しい。

ぼーっとしていると、普段なかなか気がつかない虫の音や鳥の鳴き声、木々の擦れる音が聞こえる。

静かで優しいが確かな音。

心が癒される。

釣り糸を垂らしながら、遠くの島々や鳥たち、時折行き交う船を眺める。この瞬間がたまらなくいいのだ。

震災の影響はまだまだ大きい

ひとつ残念なことといえば、嵩上げや防潮堤、復興公営住宅建設の真っ最中で、盛り土が至る所にあり、土埃が舞っていること。

この日は休日だったが、平日なら工事車両の作業音も鳴り響いていることだろう。

島民の方々は毎日工事の音を聞いて生活しているに違いない。

早く工事が終わって静かな日々が戻ってくることを切に願います。

 

色々書きましたが、浦戸の良さは言葉ではなかなか言い表せません。

ぜひ一度足を運んでいただいて、あなたの心に響く浦戸を探してみてください!

オフラインなう。

ここ一週間ほど、オフラインな日々を過ごしています。
メールもSNSもホームページ閲覧も、朝昼晩の1日3回だけ。
常時繋がるのは電話のみ。
不便かと思いきや意外と快適でした。

ここ一週間ほど、オフラインな日々を過ごしています。

メールもSNSもホームページ閲覧も、朝昼晩の1日3回だけ。

常時繋がるのは電話のみ。

 

なぜこんなことをしているのかというと、モバイルルーターが壊れてしまったんですよ。

先週、通信費のスリム化のために携帯電話のデータ通信サービスを解約し、データ通信をモバイルルーター経由一本にしました。そうした矢先、購入したばかりのモバイルルーターが突如起動しなくなってしまったのです。

なんたるタイミング…。

もはや、神の悪戯としか思えません。

 

そんなわけで、神の悪戯から始まったオフライン生活ですが、続けてみると意外と不便しないことに気がつきました。それどころか、一つのことを熟考する機会が増えて、良かった点の方が多いくらいです。

 

ちょっと、オフラインのメリット・デメリットをまとめてみましょう。

ちなみに、気が散りやすい僕のケースなので、「スマホの通知が来ても、ぜんぜん気にならず作業できるよ〜」という方にはさっぱり参考にならないかも。。。

 

まずはメリットから。

通知に煩わされることがなくなった。

スマホを使ってると、メールやSNSなどで頻繁に通知が来ます。

非常に便利な機能なのですが、何かに集中したいときには、これほど邪魔なものはありません。

しかも、集中したいときに限って頻繁に通知が来るような気がします。

それじゃあ、通知をオフにすればいいんじゃないの?って話ですが、通知をオフにしても、今度は誰からか連絡が来てるんじゃないかと思って頻繁に画面を見てしまい、余計にチェックすると頻度が増えてしまいます。

気にしなきゃいいじゃん!と思う人もいるとは思うんですけど、なかなか僕には難しいんです。もう病気ですね(笑)

 

オフラインになった当初、習慣なのか、通知が来るはずもないスマホをよくチェックしてました。

それが、徐々に気にならなくなって、いつの間にかチェックしなくなっていました。

意外と早く順応するんだなとも思いました。

画面じゃなくて前を見るようになった。

通知をチェックしなくてよくなると、スマホの画面ではなく実世界の周囲に目が行くようになりました。

建物や花木の変化に気がつくようになり、街中で知り合いに会う機会も増えました(これ、ウソのようなホントです。)

今までいかに周りが見えてなかったかがよくわかります。

スマホから得られる情報のほとんどはその時得なくてもいい情報です。

でも、歩いていて得られる情報は、その時その場所でしか得られません。

 

自分の頭で考えるようになった。

今まで、わからないことがあったときは、何も考えずにすぐにネットで検索していました。

あまりによくよくGoogle検索使っているので、「頭の半分はGoogleだ」と(主に自分に)言われていたくらいです。

そのため、オフラインになるとさぞかし困るだろうと思っていたのですが、ネットで検索が使えなくなっても意外と困らないもんなんですよね。

確かに疑問が湧いた瞬間は「け、検索っ!」と思ってしまうのですが、大抵のことは少し考えれば答えが出るし、それでもわからないことは、周りに聞けば大抵解決する。

しかも、ネットでは質問に対する答えしか得られませんが、実世界では人との会話だったり、別の情報だったりとオマケがついてくることが多い。

これが結構良かったりします。

また、得た解も、ネットで得た生半可な知識よりも確かで深い。

もちろん、結果的にわからない問題もあるのですが、わからなくてもそれほど困らないことが多いです。

深く考える時間が多くなった。

通知が入らなくなると、一つのことに集中できる時間が長くなるので、深くじっくり考える機会が増えました。

おかげで、一つ一つのアウトプットの質が(これからたぶん今までよりちょっとは)高くなっていくと思います。

誘惑に負けてる自分に気がついた。

そして、これ。

これですよ!最大のメリットは。

端的に言うと、今までいかに不必要な頻度のSNSチェックを行っていたかがわかりました。

これが無くなるだけでもかなり他のことに時間が割けます。

 

続いて、デメリット。

思いつかなかった。

今まで、来たメールやメッセージには即座に返信しよう!と思って行動していたのですが、よく考えると、そこまでの反応速度を必要とするものってそんなに無いんですよね。

緊急なものは電話すればいいわけだし。

そして、仕事中は、ノマドであれ、オフィスであれ、ネット環境があるところがほとんどなので、あえて自分のネット環境を用意する必要が無いことが多いわけです。

日に数回はオンラインになるので、繋がらなくても次オンラインになるのを待てと。

これは自分でも若干無責任だと思いますが(笑)

まとめ

オフライン生活、快適ではありますが、若干、世捨て人的な感じはありますね(^_^;)

ルーターが復活したらオンライン生活に戻るわけですが、なんとかここで得た”スマホに時間を吸われない習慣”を維持していきたいものです。

謹賀新年2015

おはようございます!

あらためまして、
新年あけましておめでとうございます。

2015年初日、いかがお過ごしですか?

僕はニューイヤー駅伝を観ながら、あんこ餅とお雑煮を食べるという、いつもの正月を過ごしています。

 

昨年は公私ともに本当に考えさせられることの多い一年でした。事業、人間関係、価値観、時間の使い方などなど。特に時間の使い方かな。これが上手くいっていなかったので、他のことも雑になったり消化不良だったりしてしまいました。

そして『自分的哲学』。

これを意識させられる場面が非常に多かった。

これが上手くできていないので、判断に迷ったり、間違ったり、決心が鈍ったり。

そんなわけでグダグダになってしまい、その都度様々な方にサポートしてもらいました。

反省の毎日。サポートしてくださったみなさま、本当にありがとうございます。

ただ、それでも日々楽しく刺激的な毎日をおくれたのは、一緒に大切な時を過ごし、見守ってくださったみなさまのおかげだと思っています。本当にありがとうございます。

昨年いっぱい悩んだ分、今年は少しはスマートに生きられそうです。
(生き方だけじゃなく身体の方もスマートにいきたいです)

 

去年の方針は

  1. 『簡単な事はその場で片付ける』
  2. 『断捨離』
  3. 『俯瞰して将来を見越して行動を』

の3つでした。

1番はそれなりに出来たと思いますが、逆にもう少し熟考すべきだったなと考えることも多かった気がします。

2番については、50%くらいかな。決断をともなうケースに関してはどうしても鈍ってしまいました。

3番についてはイマイチ。。。取っ掛かりはちゃんとした視点を持てているたのですが、実際に行動していく中で、細かいこところに執着しすぎたり、時間の使い方がヘタで振り返りの時間がとれず、メンテナンスが雑になってしまったり。

以上を踏まえ、今年は『取捨選択』改め、『優先順位付け』この一つにしぼります。何が大切で何をすべきなのか。その優先順位も含め、しっかり考えて判断していきたいと思います。

 

今年は、変化が多い一年になりそうです。

仕事でもプライベートでも、いたるところに決断が待ち構えていそう。今まで学んできたことが試される一年。今までみなさまに教えていただいた事を胸に、全力で駆け抜けます。

今年もよろしくお願いします!

飯が美味い

ご飯だけでも十分美味いがこれに味噌汁と魚があれば言うことなし。
ご飯だけでも十分美味いが、これに味噌汁と魚があれば言うことなし。

 

先日、長く懇意にさせていただいている大学の元技官さんから飯碗をいただいた。真っ黒くずっしりとした輪島塗の飯碗。木製なのに今まで使っていた陶器のお茶碗より重い。なんでこんなに重いんだ?と思って眺めていたら、漆の下に格子模様が見える。wikipediaさんに聞いたら、強度を増すために布を貼ってあるらしい。知らなかった。どうりでしっかりしているわけだ。

さっそくいただいたお礼も兼ねて、この飯碗でご飯でも食べてる写真を送ろうと思い夕飯に使用してみた。どっしりとしており木特有のぬくもりがある。箸が椀にあたった時や、椀をテーブルに置いた際に手に伝わる振動がとても落ち着いていて良い感じだ。また、一緒についてきた蓋が小針代わりになって、漬物などを盛り付けるにちょうどいい。黒い飯碗に真っ白いご飯や濃い赤色のキムチ、茶色い松前漬けが映える。洋風(というか東南アジア系?)のテーブルには似つかわしくないくらい和な装い。

この飯碗で御飯を頂くようになってからというもの、飯が美味い。そして楽しい。茶碗一つでここまで変わるものなのか。今まで使っていたお茶碗も大きくて軽くて使いやすかったのだが、それはあくまでご飯を盛り付ける道具としての良さ。言わば縁の下の力持ちだ。しかし、この新しい(と言っても古いものなんだろう。骨董品だって言ってたし。)飯碗は、その実用性もさることながら、持つことの楽しみ。使うことの楽しみを教えてくれる。

もう、この飯碗だけでご飯何杯でもいける。先日の健康診断で受けた「痩せようね♥」という診断もなんのそのって感じだ。

春は夜桜
夏には星
秋に満月
冬には雪
それで十分酒は美味い

それでも不味いんなら
それは自分自身の何かが
病んでいる証だ

心の師、るろうに剣心のキャラクター:比古清十郎氏の言葉だ。やること成すこと全てがカッコイイ最高のジョーカーキャラ。氏が出張ればラスボスまで全て雑魚同然。何の面白みもなく問題解決できるのに、わざわざ力不足の弟子にやらせる男。日本の危機も弟子の成長の糧。スケールも最高です。

そうそう、そういえば、るろうに剣心の実写版、原作を知っている身としてはその差異を意識してしまいますが、別物として見ると結構面白いですね。内容てんこ盛りなので消化不良な感じは否めませんが。

 

話がだいぶそれました。

氏ほどのスケールではありませんが、外が土砂降りで星も月も何も見えなくても飯碗一つで毎日飯が美味いっす。元技官さんありがとう!そして、日本古来の食器の世界にちょっと興味が湧いてきた。

愉しみがまた一つ増えた。

書けない…。

うーん、書けない…。

ブログを書き始めて以来、幾度となく訪れてきた記事が書けない期間。またもや悩まされてます。書くのが億劫というか、他のことを優先させてしまってなおざりになってるというか…。倦怠期なんですかね?ブログの倦怠期。略して”ブロッケン“。

ブログはもともと自分のために始めました。目的は3つ。

ひとつめは、気がついたこと学んだことを振り返り、しっかり身に付けること。日々の生活の中で教えてもらったり気が付いたりすることは色々あるのだけれど、その場限りになり必要な時に思い出せません。学んだことを振り返る機会がなくて自分事に落とし込めていないのも、思い出せない原因かもしれません。学んだことはしっかり振り返りものにする。そのために、普通の人から見たら「え?今ごろそんなことに気がついたの?」と言われそうなしょうもない内容でも、自分にとって学びがあれば書きます。

ふたつめは文章を書く練習。または、ちゃんと相手に伝わるように順序立てて説明する練習。普段僕と接している方はわかると思うのですが、僕は結構思いつきで話すこと多いです。何の脈絡もなしに、突然に。それじゃあいかんなぁと思いつつも、いかんと思ってるだけでは何にもならないので、文章を書く習慣をつけることにしました。が、しかし、実際に書き始めると、言葉が出てこない。それもそのはず、普段の生活の中で文章に触れる機会がほとんどないですからね。中学に入って読書する習慣がなくなって以来、小説なんて両手で数えられるくらいしか読んでないかも。資料とか技術書の流し読みとか、必要な部分だけつまみ食いするのは得意なんですけどね(^_^;)

そして3つめの目的は、自分の勉強に付き合ってくれてる方々へのお礼。自分のためのブログとは言いつつも、こうして公開し、皆さんに読んでもらうことが一つのモチベーションになっています。なので、地元塩竈の情報でも、僕の気づいたことでも、読んでくださってる方々に有益な情報を何か一つでも持って帰ってもらえればなぁと。

“書けない…。” の続きを読む

世界が拡がった瞬間

なんとなくアートと言われるものを楽しめるようになったと言うお話。

『そんなの知ってるよ〜』という方も多いと思いますが、僕的にはとても刺激的な体験だったので^^

先日、川崎にある岡本太郎美術館に行ってきました。

今年二回目の訪問。

初めて訪問した前回受けた衝撃を再び感じるための訪問でした。

震災前、私はアートとか芸術と名の付くものとは無縁の生活を送ってきました。

震災後も、縁あって芸術に携わる方々とご一緒する機会は多くあったものの、とくに興味は湧かず。
そんな中、ふとおとずれた岡本太郎美術館訪問の機会。

きっかけは、友人に勧められていたことと、その近辺で時間を持て余していたこと(笑)

正直、そんなに期待はせずに(失礼!)行ったのですが…

遭遇という作品の制作過程を映したビデオを見たとき、ものすごい衝撃を受けました。

もちろん作品自体から発せられるインパクトというか圧力にやられたのもありますが、ビデオの中でキャンバスに向かう岡本太郎の姿。

一本一本線を入れていく様子。

何かを考えている間。

それらが、岡本太郎と私の間の距離感をぐっと縮め、なんだかとても身近な存在にしてくれた気がしました。

今まで、岡本太郎という芸術家は顔しか知らなかったし、その作品も太陽の塔明日への神話くらいしか知らず、作品を見ても『???』だったのですが、あのビデオ一つですっかり見え方が変わりました。

芸術家か作品に込めた思いや狙いは様々だと思いますが、この様なビデオを見ながら作者や作品に想いを馳せるのもいいなぁと思いました。
そして、もう一つ。

作品や岡本太郎の魅力を感じられるようになったのと同時に、自分の中に『っと自由に表現してもいいんだよ』という、ある種の許しみたいな感覚が降りてきて、『何かを作りたい!』という気持ちが湧いてきました。

なんだか、翼にかかっていた鎖が解けたような感覚。

また暫くすると、いつの間にか鎖にがんじがらめになっていそうな気もするけど、そのときはまたここに来よう。

一歩前進します。

帰宅!

本日もお疲れ様でした。
まだお仕事中の皆様、お疲れ様です。

本日、任期満了につき大学の研究員を退職しました。

大学入学からはや13年。人生の半分弱の日々をどっぷりと大学に漬かっておりました。
この13年、大学関連だけでも、本当に多くのことを学ばせて頂きました。

大学に入学して最初にハマったトライアスロン。東北大学学友会トライアスロン部(通称とんとら)の皆様からは、技術だけでなく、人付き合いや絆、そして情熱を授けて頂きました。今の土見大介という人間の骨格を形作ってるのは間違いなくとんとらです。
ありがとうございます!
(引退後、殆ど顔出せなくてすみません。)

勉強からっきし(必要な時に学ぶ派なのでw)の私を、博士(医工学)の称号がいただけるまでに育ててくださった先生方。本当にありがとうございます。おかげで自分の進みたい道に進めそうです。最近、先生方の大きさを感じる機会がより多く、今の自分との差を強く感じており、研究者の先輩として、常に目標にしております。

4月からは、大学入学時からの目標だった”触覚技術の産業応用”を、関連製品を開発しながら少しずつ実現していこうと思います。

目標に向けてまた一歩前進です。

暫くバタバタした日々が続くと思いますが、みなさま、今後ともよろしくお願いいたします(^O^)/

震災から三年。

23時帰宅。
この日くらいは家族でのんびりしたいなと思いつつも、何だかんだと慌ただしい日を送ってしまった。
ま、それはそれでいいことなんだけど。

三年前。

塩竈の山手の方で被災した私は、離島に住む祖父のことが心配になり、鹽竈神社の駐車場まで移動。そこから少し下ったところで津波を見ていた。

ヒトやヒトの造ったものはこんなにも脆いものなのか。

そう感じ、
自分の身にもいつ何が起きるかわからないな。
やれる事は後回しにせず、すぐにやらねば後悔する。
と思ったことを今でも強く覚えている。

あれから三年。

早三年。でも、とても長かった3年。

普段の生活県内を見渡すと、街は綺麗に補修されて、3年前にあんなに大変な事が起きたとは微塵も感じさせないまでになっている。
一方、少し横に目を向ければ、まだまだ普通とは言い難い現状があり、
なんとなく、時々、二つの世界を行き来しているような錯覚に襲われることもある。

この三年間、津波を目撃した時に感じたことに従い、いつもその時良いと思ったことをやってきたが、いつもこれでよかったのか悩んでいた。
特に最近はそう思うことが多々ある。

日々修行ですな。

震災は、大切なものをたくさん持って行ってしまったけれど、地域に絡みついていた柵とか慣習と呼ばれるものも取り去ってくれ、新しい宝物も見つけられた。
よくも悪くも周りの環境が動いた三年。
良い動きが止まらないよう、回し続けたいと願う。

被災という影に配慮しつつも、楽しく前向きに。

遅い夕食を摂りながら、一人ぽやんと考えた。

早いもので

…というタイトルの投稿をしたのだけど、なぜか消えてる。。。
頑張って書いたんだけどなぁ(笑)

もう一回書く気力はないのでダイジェスト的なのを。(2月7日に書き直しています。)

 

早いものでもう明日からは二月。

一年の12分の1があっという間に過ぎ去ってしまった。年頭に立てた目標に沿って行動してるつもりだけど、だんだんナアナアになってきた気がするので、ここいらで昨年の反省と今年の目標をば。

昨年の目標

仕事面

  • 自分の仕事の形を作る。
  • センサシステムの販売とりあえず一つ。
  • 経理の勉強。
  • 研究室に知の集積スペースを作る。
  • 学生指導に力を入れる。

生活面

  • 何があっても5時起き。
  • 自力通勤。
  • 汚さない部屋作り。
  • 自炊増やす。
  • 毎晩30分は読書タイム。
  • 毎晩10分は日記タイム。
  • 人の目を見てハキハキと会話。
  • ながら対応はしない。
  • 必要以上に情報を収集して『知ったつもり』にならない。

よくもまあ、書いたな!と言いたいくらいの内容。(そして、ほとんど覚えてない・・・。)

一つ一つ見ていく。

自分の仕事の形を作る。

何が自分の形なのか。振り返ってみると刺激的な一年だったためか、当時思い描いていた自分の形よりは良いものを描けているのではないだろうか。もちろん達成はできていないが、理想に向けて歩み出せていると思う。70点。

センサシステムの販売とりあえず一つ。

とりあえず達成ということで100点。(そもそもこれを目標に入れるなよ・・・)

経理の勉強。

全く出来てない。。。本を買って困ったときに読んだくらい。だって、ソフトがやってくれるんだもん・・・20点。

研究室に知の集積スペースを作る。

場所は作った。そして、なかなかの充実具合だと思う。ただし、更新は人任せ。それはそれでOKだと思うが50点。

学生指導に力を入れる。

0点。
(自分のことに時間かかりすぎ。)

何があっても5時起き。

3〜4時間位あと早くしなきゃ・・・。0点。

自力通勤。

したいなぁ。・・・0点。

汚さない部屋作り。

これはちょっとできたかも。使ったら片付ける!アタリマエのことだけど今までは出来てなかった。(最後にまとめて片付けりゃいいや・・・的な。)ただし、まだ散らかっているところは散らかっているので60点。

自炊増やす。

2013年前半はよかったんだけど、後半がボロボロなので50点。

毎晩30分は読書タイム。

最後の最後になって、痛感させられることがあってやり始めた。まだ日が浅いけど結構定着しつつあるので、90点。

毎晩10分は日記タイム。

結局更新一回かな?・・・1/365点。

人の目を見てハキハキと会話。

どうでしょう?結構意識したつもりなのですが、できていただろうか?これは周りの人のみぞ知るって感じですかね。・・・?点。

ながら対応はしない。

たまにしてしまっているので、60点。

必要以上に情報を収集して『知ったつもり』にならない。

これは改善された気がする。80点。

合計、580+1/365+α点。

平均、41点ちょい。・・・落第!

 

今年の目標

昨年の目標はちょっと適当すぎた気がする。そして、いつ作ったかもあまり覚えてないし。きっと考え途中だったんだ。そうに違いない。

今年の目標は以下。

  1. 『簡単な事はその場で片付ける』
  2. 『断捨離』
  3. 『俯瞰して将来を見越して行動を』

とてもシンプルにした。

今年は仕事環境も大きく変わり、やりたい事もやり方を大きく変えていく予定(このブログもその一つ)。正直、細かい部分は自分でもどうなるかはわからないところも多い。なので、細かい目標は一切カットした。仕事・プライベート、細かな目標は色々あるけれど、とりあえずこれを念頭に活動していこうと思う。

今年もどうぞよろしくお願いします!

旧正月。