春の浦戸は居るだけで癒される。たとえ釣りはボウズでも。

GW満喫してますか?

私は大変癒されております。
五月の頭、浦戸寒風沢と野々島に行ってきました。

目的は、TANeFUNe企画を見に行くことと、釣り、そして”癒し”を求めて。

新緑の浦戸はどこも美しい!

この時期の浦戸は、草木のエネルギーに満ち溢れています。

自然の中を歩くだけで濃い自然のエネルギーを浴びてリフレッシュできるような気がします。

季節がら気候も良く、散策するのにも最適。

秋も歩きやすい季節ですが、私は春の方が好きですね(^^)

野々島に点在するボラ。震災後の嵩上げで埋められてしまうとか。 野々島のツバキロード。木漏れ日の中を歩くと、とてもすがすがしい気分に。 この時期の野々島は様々なところで菜の花を目にすることができます。太陽の光に、黄色い花びらが映えます。  晴天に恵まれ、寒風沢日和山からの景色もとてもいい。霞具合もたまりませんね。そんな中で行われたTANFUNe企画『野々島つばきトンネルと柴田三兄妹』。

 

自然の中で聴く三味線というのもなかなか良いものでした(^^)

つばきトンネルで三味線を披露する柴田三兄妹。

柴田三兄妹、また浦戸で演奏してほしいな〜。

企画をしてくれたTANeFUNe二代目船長、喜多さんありがとう!

 

TANeFUNeクルーズ。TANeFUNeが浦戸諸島にいるのは夏まで。

釣れなくても楽しいのだ!

もう一つの目的であった釣りの方は全くの空振り。

行ったメンバー全員合わせてわずか二匹。

あとはアタリすらほとんどないという。

あまりに釣れないので、仕掛けと対話してみる。

地元の人に聞いてみたところ、水温がまだ低くて魚が寄ってきていないのでは?とのこと。

釣れるようになるのはもう少しあとかな?

こちらは、散策とは反対に秋口の方が調子がいいかも。

しかし、それでも楽しいのだ。

普段、他のところで釣りをしているときに釣れないと肩を落として帰る羽目になるのだが、浦戸では自然とそうならない。

釣り糸を垂らしてぼーっとしてるだけでなんとなく楽しい。

ぼーっとしていると、普段なかなか気がつかない虫の音や鳥の鳴き声、木々の擦れる音が聞こえる。

静かで優しいが確かな音。

心が癒される。

釣り糸を垂らしながら、遠くの島々や鳥たち、時折行き交う船を眺める。この瞬間がたまらなくいいのだ。

震災の影響はまだまだ大きい

ひとつ残念なことといえば、嵩上げや防潮堤、復興公営住宅建設の真っ最中で、盛り土が至る所にあり、土埃が舞っていること。

この日は休日だったが、平日なら工事車両の作業音も鳴り響いていることだろう。

島民の方々は毎日工事の音を聞いて生活しているに違いない。

早く工事が終わって静かな日々が戻ってくることを切に願います。

 

色々書きましたが、浦戸の良さは言葉ではなかなか言い表せません。

ぜひ一度足を運んでいただいて、あなたの心に響く浦戸を探してみてください!

着物って良いですね!

着物っていいですね!ちょっとハマってしまいそうです。

着物っていいですね!ちょっとハマってしまいそうです。

IMG_3163

こんにちは。土見です。

4月17日、鹽竈神社にて『しおがまさま 神々の花灯り』が開催されました。

鹽竈神社には、国の天然記念物に指定されている『鹽竈桜』を筆頭に、30種類以上の桜が植えられており、4月中頃から一ヶ月間、色とりどりの桜を楽しむことができます。

この花灯りというイベントは、その桜咲き乱れる鹽竈神社をライトアップして景色を楽しもうというもの。

それだけでも十分楽しめるのですが、我らがよみ!塩では、塩竈や桜、その関連のストーリーにも目を向けていただこうと、イベントにあわせて塩竈のお菓子と塩竈縁のお抹茶を楽しイベント『塩竈 春の桜茶会』を旧亀井邸で開催しました。

(桜茶会の様子は、よみ!塩のサイトで紹介していますので、そちらをご覧ください。)

会場では、スタッフが着物でお出迎え。
会場では、スタッフが着物でお出迎え。

よみ!塩スタッフは雰囲気作りのために着物でお出迎えしたのですが、これが意外と合うんですね!旧亀井邸はもちろんのこと、ちょっとお使いに行った街中でも、塩竈に着物はよく似合います。

着物de塩竈第一弾『太田屋さん』
塩竈には着物が似合うスポットが沢山あるのです。

上の写真は、先日おこなった「着物de塩竈まちあるき」の一コマ。塩竈には着物の似合う建物や道が数多く残されています。

着物を着てのまちあるきイベント。今後も開催していきたいですね。

纏、やってみません?

纏の練習再開です!

一緒に纏振ってみませんか?

来年の帆手まつりに向けて纏の練習を再開です!

といっても一人で練習するのはツライので、纏チームを作ってみんなで練習。

 

今日はその第一回目の練習会でした。

3月10日の帆手まつり以降、一回も振ってないので、教わったことを思い出しつつ、初めてのメンバーと一緒に基礎練の繰り返し。

IMG_2080
あれ?なんか形がおかしいぞ?

 

 

最初は感覚が思い出せず苦労したけど、徐々に思い出してきて振れるようになって…

 

 

・・・くるはずだったのですが、それより先に筋力が限界を迎えTHE END。

普段、キーボードを打つくらいの力しか使っていないので、7kgもある纏なんて持てるわけないよね。

もっと体力付けなきゃ。。。

それでもちょっとは感覚が戻ってきて回せるように。

 

 

天候にも恵まれた日曜日だったので、神社には大勢の参拝客がいらっしゃっており、中には纏に興味を持ってくださる方も。

これをきっかけに、纏やお祭りに興味を持ってくださる方が増えると嬉しいなぁ。

 

あと、経験者の方がよみ!塩のSNSを見てかけつけてくれるという嬉しい出来事もおきました。

はなしおブログといい、纏の話といい、最近、結構多くの方に見てもらってるんだなぁと実感する機会が多く、こちらも嬉しい限り。

 

纏の練習は毎月第2第3日曜日午前9時半から鹽竈神社博物館前でやっています。

ご興味のある方はぜひお越しください!

(そして、ぜひ一緒に纏を振りましょう!)

名称未設定

 

目標は、来年の帆手まつりで表坂を纏を振りながら表坂を上ることです。

一人では体力がもたないので、メンバーを5人以上集めなければ!

 

帆手まつり2015。纏初体験!

今年も寒かった〜!
3月10日、帆手まつりに参加してきました!
毎年寒さが厳しくなる帆手まつりですが、今年も寒風吹きすさぶ中での神輿渡御になりました。

今年も寒かった〜!

 

3月10日、帆手まつりに参加してきました!

毎年寒さが厳しくなる帆手まつりですが、今年も寒風吹きすさぶ中での神輿渡御になりました。

 

初めて参加した2012年は雪混じりの雨。

2013年は強風。(10日前にスキーで骨折して不参加。あの頃もバカだった。)

2014年は寒風。

そして、今年も小雪混じりの寒風。

 

ま、時期的に仕方ないんですけどね。

しかし、今年はどうしても風は吹いてほしくなかったんです。

なぜかと言うと、纏が風で煽られるからー。

昨日の暴風雨がウソのように、そらは快晴。しかし風は強いままでした。
昨日の暴風雨がウソのように、そらは快晴。しかし風は強いままでした。

 

そう、今回の帆手まつりから、纏を振ることになったのです。

何故かと言うと、昨年の帆手まつりで川崎帆手まつり奉仕睦会の方々が纏を振っているのを見て、「ちょっと振ってみたい」と言ってしまったため。

僕としてはこの場でちょっと触らせて欲しいという程度の意味だったのですが、相手がスーパーポジティブなフィルタをお持ちで、来年からぜひ帆手まつり纏を振らせてくれ!と受け取ってくださったのです。

人生何が起こるかわかりませんね(笑)

しかし、実際に練習し始めてみるとこれがなかなか面白く、普段キーボードを打つくらいの力しか出していない生活をしていた僕とって、7kgもある纏をくるくる回すことは(体力的にも)とても刺激的でした。

カッコはいっちょ前です。
カッコはいっちょ前です。笑顔ですが、内心は「風止め〜!」と必死にお祈りしてました。

 

本番は幸いにもそんなに風は強くなかったと思います。

演技は、まあ、初心者が頑張っているな!という程度でしたが、一生懸命奉納させていただきました。

来年はもっとしっかり振りたいですね。

うーん。。。 へっぴり腰ですねw
うーん…へっぴり腰ですねw(動画はこちら。)

 

纏奉納が終わると、いよいよ御神輿が出立です。

御神輿の重さは約1トン。

その重い御神輿が202段の表坂を降りるシーンは最初の見どころです。

表坂をお降りになった御神輿。
表坂をお降りになった御神輿。

 

表坂をお降りになったあと、御神輿は6時間以上かけて市内を渡御されます。

渡御のルートには御旅所と呼ばれる休憩所が何箇所もあり、御神輿が御旅所に着くと、地域の方々が出てきて御神輿にお供え物を上げ、氏子たちには食べ物や飲み物を振る舞います。

また、道中も御神輿が家の近くを通ると、住民の方々が出てきてお賽銭を投げ込みます。

このシーンを初めて見た時は、お祭りや神社を通しての地域の繋がりを感じ、とても感動しました!

それ以降、御神輿を担ぐことを止められなくなってしまったんですよね。

御神輿が御旅所に着くと、町内会の方々が出てきて、お供え物を上げる。
御神輿が御旅所に着くと、町内会の方々が出てきて、お供え物を上げる。
途中、ラジオの生放送に参加することに。
途中、ラジオの生放送に参加することに。纏、御神輿担ぎ、ラジオとなかなか忙しいお祭りでした(笑)

 

日が暮れる頃になると、天気はそれまでから一転、小雪の舞うようになってきました。

風も相変わらず強く、おかげで、お祭りが終わると顔が霜焼けでヒリヒリ。

IMG_1858
小雪の舞う中での神輿渡御。御旅所でいただく温かい飲食物が冷えた体にしみます。

 

20時頃、市内の渡御を終えた御神輿は勢い良く表坂下に戻ってきます

そしてここからがクライマックス!

御神輿を担ぎ、担いだ人を押し、氏子たち全員で御神輿を押し上げていきます

お祭り一番の見どころ。 氏子たちの力に加え、力強い太鼓の音、朱雀連や観客の掛け声に押されて、表坂を登っていきます。
お祭り一番の見どころ。
氏子たちの力に加え、力強い太鼓の音、朱雀連や観客の掛け声に押されて、表坂を登っていきます。

20時頃と時間が遅いため、見られる人は限られてしまうのですが、このシーンは絶対見て欲しい!

感動すること間違いなしです。

(会場で見たいけど、なかなかいけないよ!という方はこちらをどうぞ。)

 

志波彦神社・鹽竈神社のお祭り(氏子三祭)に参加するようになって今回で10回目。

まさかこんなに地元の行事に参加するようになるとは、震災前は思いもしませんでした。

しかし、地元の行事に参加するようになってはじめてこの地に住んでいるという実感がわいてきました。

そして、それが何とも心地よいのです。

 

震災がつらい経験であることは間違いないですが、そこから得たものはかなり大きいと実感する毎日です。

 

 

さて、纏の練習しよっと。

どんと祭に参加してきました。

1月14日、よみ!塩のメンバーと志波彦神社・鹽竈神社のどんと祭裸参りに参加してきました。どんと祭は、正月飾りなどを焼き、この御神火にあたることで、一年間無病息災、家内安全を祈願する祭です。

1月14日、よみ!塩のメンバーと志波彦神社・鹽竈神社のどんと祭裸まいりに参加してきました。どんと祭は、正月飾りなどを焼き、この御神火にあたることで、一年間無病息災、家内安全を祈願する祭です。

IMG_1397.JPG
一緒に参加したメンバー。実は”全員初参加”。

 

今年は寒くなかった

裸まいりというと、宮城では大崎八幡宮が有名ですね。いつも、極寒の中、寒さに耐え、神社まで歩いていくというイメージがあります。ここ数年も、大雪だったり極寒で地面がツルツルだったりと、やはり厳しいイメージ。

しかし、今年は気温も高く雨や雪もなか、初心者には嬉しい天候になりました。そして、この格好で寒かったのは肩のみ。サラシって温かいのね。お腹を10mのサラシでぐるぐる巻きにしたら、胸から下は全然寒くなかったです。(おかげで太鼓みたいな腹になりましたが 笑)

IMG_1398.JPG
それでも寒かったのか、どこかに向けて気を送り始めるメンバー。

 

IMG_1400.JPG
中には、又引きを履かずにふんどし姿の人も。

 

まずは鳥船から

着替えて集合したら準備運動です。

舟を漕ぐような鳥船(とりふね)という動作を行います。この動作の意味は…残念ながら私は知りません。今度聞いてみたいですね。

IMG_1401.JPG
お焚き上げの煙の方に向かって「エイー!エツッ!」と声を出しながらみんなで鳥船。

 

そして走りだす

鳥船が終わるといよいよ裸参りスタート。

裸まいりというと、含み紙をして、黙って鐘を鳴らしながら歩いて神社に向かうイメージがありますが、ここでは、含み紙はせず、『わっしょい!わっしょい!』と掛け声をかけながら小走りで神社を目指します。

IMG_1399.JPG
神社に向かって一斉に走り出します。

 

よみ!塩メンバーが撮影してくれた動画があるのでご覧ください。

正式な参拝ルートにならって

志波彦神社・鹽竈神社の裸参りでは、神社の社に向かって一時間ほど走り続けます。と言っても、小走りなのでキツくはありませんが。

そのルートは、正式な参拝ルートに倣って出来ているそうです。まず、鹽竈神社の末社である御釜神社を参拝し、続いて、表坂を登ってお焚き上げの炎の前を通り過ぎ、志波彦神社を参拝。その後鹽竈神社に向かい、別宮、右宮・左宮、末社、御神馬の順に参拝しました。

お焚き上げ

裸まいりが終わってから、自分の持ってきた御守りもお焚き上げしました。どんと祭は何回か見に来ているのですが、実際に自分の持っている御守りやら何やらをお焚き上げしたのは今回が初めて。むかーしからの御守りたちを一気にお焚き上げしました。

IMG_1358.JPG

今回は氏子青年会に混ぜてもらっての参加でしたが、次回は人数集めて、幟と提灯を掲げ、よみ!塩として参加したいですね(^^)

次の神社関係の行事は3月10日の帆手祭。ぜひ一緒に参加してみませんか?

あ…、纏の練習最近できてないな…。

塩釜水産物仲卸市場キッチンスタジオオープニングイベント!

仲卸の新名物、キッチンスタジオのオープニングイベントに参加してきました!

地元の方々に市場をより身近に感じてもらいたくて構想後数年をかけて完成したキッチンスタジオ。いよいよ運用開始です。

キッチンスタジオオープン!
キッチンスタジオオープン!

くす玉割りに続き、オープニング企画として、kettleの吉田千恵さんを先生としたお料理教室が開催されました。kettleは仲卸の食材を使ったお惣菜を作っているお店です。

お料理の先生はkettleのチエちゃん!
お料理の先生はkettleのチエちゃん!笑顔がとってもcute!

今回作るのは、秋刀魚とトマトのスダチご飯、烏賊(イカ)とセロリのマリネ、秋鮭とディルの北欧スープ、鮪とミントの藻塩カルパッチョの4品。結構忙しそう!お魚捌けない女子たちは無事作り終えることができるでしょうか。
レシピは仲卸市場のTwitterやFacebookで紹介されています。(文末参照)

みんなが一生懸命イカと格闘してるところで、窓の外で見ていた市場のおじさまが颯爽と登場。イカの処理方法を教えてくれました。
こういう風景は市場にあるスタジオならではですね!

IMG_5415
窓の外から見ていた市場のおじちゃんがレクチャーしてくれました。

続いて、一同サンマと格闘中。

「活きがいいサンマは目が透き通ってて、口先が黄色いんですよ」

先生に教わりながらサンマを捌きます。
先生に教わりながらサンマを捌きます。

 

ここで、ワタクシ、検診を受けに一次離脱。
健康第一です☆

みんなで一生懸命料理中。
みんなで一生懸命料理中。

一時間ほどして帰ってくると、すでに調理が完了しており、市場の方々や市場を訪れたみなさんに振る舞われていました。みなさん、さすがです!

DSC_3465

DSC_3464

DSC_3463

DSC_3462

どれもとても美味しそう!
というか、美味しかったです。
中でも、僕は秋刀魚とトマトのスダチご飯が一番だったかなぁ。比較的簡単に作れるそうなので家で試してみようかな♪

塩釜水産物仲卸市場キッチンスタジオ、こんな感じに奥様方が毎週集ってワイワイ楽しみながら夕飯をみんなで作る会があってもいいですね☆そうすれば魚の捌き方がわからなくて、一匹まるまんまで買うのをためらっていた方々も市場に来るかも。

そして、僕は漢の料理教室の開催を希望します。簡単豪快だけど美味しいやつを希望(笑)

市場の店主が教える、○○のイチバン美味い食べ方シリーズなんてのも魅力的ですね〜♪

塩釜水産物仲卸市場では、キッチンスタジオを使って捌き方をはじめ魚の料理教室や、カキの殻むき体験などを予定しているそうです。また市場で購入した食材を使えば、一般の人も料理教室などで利用できるそうですよ。料金は1日2000円。連絡先は協同組合連合会022(362)5518まで。

 

追伸

仲卸市場のtwitterにオープニングイベントの際のレシピが載っていました!

 

特に、秋刀魚とトマトのスダチごはんはお手軽にできるみたいです。オススメ☆

野々島秋祭り

野々島の秋祭りを見に行ってきました。

浦戸のお祭りは桂島、寒風沢に引き続き3つ目。今回は担がず道路脇からの応援です。

DSC_3169
拍子木や塩巻きは子ども達が担当。
DSC_3200
猿田彦さんの杖は子どもの手に。終始和気藹々とした雰囲気が流れていました。
DSC_3207
島での仙台白菜の栽培がご縁で、応援に駆けつけてくれた明成高校のみなさん。

 

DSC_3211
各島のお祭りの話から、昔の野々島のことまで色々な事を話してくれた、副区長のヒサオさん。

 

DSC_3216
御旅所では、食べ物や飲み物が振る舞われます。
DSC_3225
そして、なぜか突如校歌カラオケ大会が始まりました(笑)

 

DSC_3222
猿田彦さんのお面はとても立派でした。

 

DSC_3319
取りまとめをされてた遠藤さん、お疲れ様です!

 

DSC_3329
最後は区長さんの打ち鳴らす鐘で終了。

お疲れ様でした。

今年は、桂島から始まり、寒風沢、野々島と浦戸のお祭りを3つ見てきましたが、それぞれ特色があって面白かったです。来年以降もぜひ続いて欲しいですね(^^)

DSC_3166

GAMA ROCK FES 2014

GAMA ROCK FES 2014

快晴にも恵まれて
今年も心地よい時間が流れました。

IMG_5005.JPG

GAMA ROCK FESは今回で3回目。

震災から三年半が経ち、
内側からも外側からも中身が問われる3回目。

今回も運営では、改善や新しい試みがありましたが、
全体としては、良い意味でこなれてきた感じがありました。

運営・出演者・お客さん、
みんなで作り上げる小さな温かいフェス。
そんな言葉が今までで一番しっくりきたように感じます。

これから、第四回、第五回と続いていく中で、
GAMA ROCK FESがどんな進化を遂げるのか楽しみです。

みなさま、お疲れ様でした!
また来年!
IMG_5100.JPG

エコツーリズム研修会

エコツーリズム研修会に参加してきました。

エコツーリズム研修会に参加してきました。

お前はガイドか?

いいえ。違います。

また、今後それを生業にするつもりも無いです。ただ、自分が魅せられた浦戸を人に伝えたいという気持ちや、どんどん廃れゆく浦戸をなんとかしたいという気持ちがあります。

震災後、父親の出身地である寒風沢島をはじめ、浦戸諸島との関わる機会が格段に増えたこともあって、島外の方々に島々を案内する機会が増えました。

色々な方をご案内するうちに見えてくるのは、浦戸における経験や浦戸に対する知識の不足。そして、案内の仕方のへたっぴさ。

これまでの経験が無いことはどうしようもないけれど、これから蓄積して語っていけばいい。

知識は勉強すればいい。

ガイドの仕方も勉強すればいいのだ。

というわけで、エコツーリズム研修会に参加することになったのです。

 

ガイドは地域とお客を繋ぐパイプ。

研修会は、エコツーリズムとは?から始まり、法的な話、安全確保、ガイドテクニックなど、ガイドのおおよそ全般にわたる内容。

特に心に残ったのは、『お客さんはガイドにつくんですよ』という講師の方の言葉。

確かにそうだと思った。

お客さんはガイドを通して観光地と触れ合います。いくら素晴らしい資源があっても、ガイドがそれを活かせなかったら、その土地の魅力を伝えきることはできません。

じゃあ、どうやって伝えるの?

講師の方もおっしゃってましたが、伝え方はガイドのパーソナリティー次第。表現力豊かな人ならば、その言葉や仕草でお客さんを引き込むこともできるでしょうが、眠くもないのに『眠いの?』と聞かれたり、怒ってもいないのに『怒ってるの?』と言われてしまうほど感情表情に乏しい僕には、至難の技です。

さて、僕にはどんなガイドができるんだろう?

自問自答が続きます。

 

 

レンブラント光線! (天使の階段)
レンブラント光線!
(天使の階段)
ツーリズムを行う際の心得を勉強。
ツーリズムを行う際の心得を勉強。
後半は、実際に島の見どころを案内してみます。
後半は、実際に島の見どころを案内してみます。
宇内浜。
宇内浜。
石浜の白石邸跡。
石浜の白石邸跡。
アザラシのマネ。体を張ってPR。
アザラシのマネ。体を張ってPR。

 

塩竈浦戸(プチ)のりフェスティバル2014

の〜り、のり♪
塩竈浦戸(プチ)のりフェスティバル2014に参加してきました〜。

塩竈浦戸(プチ)のりフェスティバル2014に参加してきました〜。

会場は、野々島のブルーセンター。

アットホームな雰囲気の中、浦戸の海苔を堪能しました。

IMG_4329
カモメたちがお出迎え。
IMG_4331
のりフェスのチラシ。 プチと言いつつ、海苔盛り沢山です。
IMG_4334
GEN☆kidsの海苔ダンス。
IMG_4338
ワークショップも開催。
IMG_4341
のり弁コンテスト!
IMG_4345
これが意外とレベル高い。
IMG_4346
海苔料理も色々出てきました。
IMG_4347
本塩釜駅前のTAVERNA GIROさんも発見。
IMG_4354
区長も味わっています。
IMG_4360
海苔と言えば、この二人! アサノタケフミくんとのりレンジャー!
IMG_4381
やばい…このTシャツ欲しい(笑) (スタッフじゃないけど)