気仙沼産業まつり2016

Pocket

気仙沼産業まつり、盛り上がってたなぁ。

その秘訣が知りたい。

商工会議所青年部として、気仙沼産業まつりの応援に行ってきました。

今日はこのお手伝い。塩竈からはジャンボ笹かまがエントリー。
魚市場で購入したものを七輪で焼いて食べる『七輪広場』のお手伝いでしたが、応援の人数が多かったので休憩の度に産業まつりの会場へGO!

700円で旬の秋刀魚とつみれ汁とご飯がいただける市場で朝めし。は大好評。

券売所でチケットを購入してお盆を受け取り、秋刀魚、つみれ汁、ご飯と食品を乗せていきます。

煙かったけど、目の前で焼いてくれる秋刀魚を待つ時間も楽しみの一つ。

自分達の他にも大勢の方が市場で朝めし。を楽しんでいました。

中には、刺身や塩辛など、出店で販売している他の食品も合わせて購入して食べている方も。

塩竈の仲卸市場には、市場内の各店舗で海鮮を購入し、さらにご飯セットを購入してオリジナルの海鮮丼を作るMy海鮮丼という楽しみ方があります。それと比べると、各店舗で海鮮を購入する必要はないけれど、出来合いの料理のように完成品が渡されるわけでもなく、ライトに楽しみたい人にはちょうど良いシステムなのかもしれません。

市場で朝めし。で賑わうイートインスペースの奥には、物販スペースがあり、市場の中に出店が所狭しと並んでいました。出店には海鮮にか変わらず多くの物品が販売されていました。価格も結構お手頃な感じでした。

抽選会の景品も豪華。一等はなんとメバチマグロ!当たっても持って帰れなさそう(笑)
周りを見渡せばまだまだ復旧には時間がかかりそうな状況の気仙沼。それでも産業まつりの行われている魚市場の中は賑わっていました。

このお客さんたちはどこから何を求めてやってくるのだろう?

感じたのは、サービスを行うスタッフの多さと接客姿勢のよさ。また、価格もお手頃で抽選会もあり、かなりお得感を感じました。

また来年も行ってみたくなりました(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です