塩釜水産物仲卸市場キッチンスタジオオープニングイベント!

仲卸の新名物、キッチンスタジオのオープニングイベントに参加してきました!

地元の方々に市場をより身近に感じてもらいたくて構想後数年をかけて完成したキッチンスタジオ。いよいよ運用開始です。

キッチンスタジオオープン!
キッチンスタジオオープン!

くす玉割りに続き、オープニング企画として、kettleの吉田千恵さんを先生としたお料理教室が開催されました。kettleは仲卸の食材を使ったお惣菜を作っているお店です。

お料理の先生はkettleのチエちゃん!
お料理の先生はkettleのチエちゃん!笑顔がとってもcute!

今回作るのは、秋刀魚とトマトのスダチご飯、烏賊(イカ)とセロリのマリネ、秋鮭とディルの北欧スープ、鮪とミントの藻塩カルパッチョの4品。結構忙しそう!お魚捌けない女子たちは無事作り終えることができるでしょうか。
レシピは仲卸市場のTwitterやFacebookで紹介されています。(文末参照)

みんなが一生懸命イカと格闘してるところで、窓の外で見ていた市場のおじさまが颯爽と登場。イカの処理方法を教えてくれました。
こういう風景は市場にあるスタジオならではですね!

IMG_5415
窓の外から見ていた市場のおじちゃんがレクチャーしてくれました。

続いて、一同サンマと格闘中。

「活きがいいサンマは目が透き通ってて、口先が黄色いんですよ」

先生に教わりながらサンマを捌きます。
先生に教わりながらサンマを捌きます。

 

ここで、ワタクシ、検診を受けに一次離脱。
健康第一です☆

みんなで一生懸命料理中。
みんなで一生懸命料理中。

一時間ほどして帰ってくると、すでに調理が完了しており、市場の方々や市場を訪れたみなさんに振る舞われていました。みなさん、さすがです!

DSC_3465

DSC_3464

DSC_3463

DSC_3462

どれもとても美味しそう!
というか、美味しかったです。
中でも、僕は秋刀魚とトマトのスダチご飯が一番だったかなぁ。比較的簡単に作れるそうなので家で試してみようかな♪

塩釜水産物仲卸市場キッチンスタジオ、こんな感じに奥様方が毎週集ってワイワイ楽しみながら夕飯をみんなで作る会があってもいいですね☆そうすれば魚の捌き方がわからなくて、一匹まるまんまで買うのをためらっていた方々も市場に来るかも。

そして、僕は漢の料理教室の開催を希望します。簡単豪快だけど美味しいやつを希望(笑)

市場の店主が教える、○○のイチバン美味い食べ方シリーズなんてのも魅力的ですね〜♪

塩釜水産物仲卸市場では、キッチンスタジオを使って捌き方をはじめ魚の料理教室や、カキの殻むき体験などを予定しているそうです。また市場で購入した食材を使えば、一般の人も料理教室などで利用できるそうですよ。料金は1日2000円。連絡先は協同組合連合会022(362)5518まで。

 

追伸

仲卸市場のtwitterにオープニングイベントの際のレシピが載っていました!

 

特に、秋刀魚とトマトのスダチごはんはお手軽にできるみたいです。オススメ☆

野々島秋祭り

野々島の秋祭りを見に行ってきました。

浦戸のお祭りは桂島、寒風沢に引き続き3つ目。今回は担がず道路脇からの応援です。

DSC_3169
拍子木や塩巻きは子ども達が担当。
DSC_3200
猿田彦さんの杖は子どもの手に。終始和気藹々とした雰囲気が流れていました。
DSC_3207
島での仙台白菜の栽培がご縁で、応援に駆けつけてくれた明成高校のみなさん。

 

DSC_3211
各島のお祭りの話から、昔の野々島のことまで色々な事を話してくれた、副区長のヒサオさん。

 

DSC_3216
御旅所では、食べ物や飲み物が振る舞われます。
DSC_3225
そして、なぜか突如校歌カラオケ大会が始まりました(笑)

 

DSC_3222
猿田彦さんのお面はとても立派でした。

 

DSC_3319
取りまとめをされてた遠藤さん、お疲れ様です!

 

DSC_3329
最後は区長さんの打ち鳴らす鐘で終了。

お疲れ様でした。

今年は、桂島から始まり、寒風沢、野々島と浦戸のお祭りを3つ見てきましたが、それぞれ特色があって面白かったです。来年以降もぜひ続いて欲しいですね(^^)

DSC_3166

GAMA ROCK FES 2014

GAMA ROCK FES 2014

快晴にも恵まれて
今年も心地よい時間が流れました。

IMG_5005.JPG

GAMA ROCK FESは今回で3回目。

震災から三年半が経ち、
内側からも外側からも中身が問われる3回目。

今回も運営では、改善や新しい試みがありましたが、
全体としては、良い意味でこなれてきた感じがありました。

運営・出演者・お客さん、
みんなで作り上げる小さな温かいフェス。
そんな言葉が今までで一番しっくりきたように感じます。

これから、第四回、第五回と続いていく中で、
GAMA ROCK FESがどんな進化を遂げるのか楽しみです。

みなさま、お疲れ様でした!
また来年!
IMG_5100.JPG

塩竈浦戸(プチ)のりフェスティバル2014

の〜り、のり♪
塩竈浦戸(プチ)のりフェスティバル2014に参加してきました〜。

塩竈浦戸(プチ)のりフェスティバル2014に参加してきました〜。

会場は、野々島のブルーセンター。

アットホームな雰囲気の中、浦戸の海苔を堪能しました。

IMG_4329
カモメたちがお出迎え。
IMG_4331
のりフェスのチラシ。 プチと言いつつ、海苔盛り沢山です。
IMG_4334
GEN☆kidsの海苔ダンス。
IMG_4338
ワークショップも開催。
IMG_4341
のり弁コンテスト!
IMG_4345
これが意外とレベル高い。
IMG_4346
海苔料理も色々出てきました。
IMG_4347
本塩釜駅前のTAVERNA GIROさんも発見。
IMG_4354
区長も味わっています。
IMG_4360
海苔と言えば、この二人! アサノタケフミくんとのりレンジャー!
IMG_4381
やばい…このTシャツ欲しい(笑) (スタッフじゃないけど)

 

桂島夏祭り花火大会 ~みんなの思いはひとつ~

今年も桂島の夏祭りに参加してきました!

ここ数日天候がよろしくなかったので、当日も雨降るんじゃないかと思っていましたがなんのその。

涼しく爽やかな風がそよそよと流れ、絶好の夏祭り日和でした!

DSC_1583

桂島夏祭り花火大会は、毎年8月13日に桂島漁港で開催され、打ち上げ花火の他、盆踊りや各種演奏があり、出店も出て、賑やかな地域の夏祭りです。

花火を打ち上げるのも地元桂島・野々島の花火師のみなさんという気合の入れ様。

地域の夏祭りだからといって地元の人だけが参加できるわけではなく、外からの人も絶賛welcome!

このイベントのために臨時便も出ます。

 

DSC_1441 IMG_4171

桂島への特別乗船券。なぜか市営汽船を背景にその記念写真(?)を撮る人たち(笑)

 

DSC_1443

会場は、桂島漁港。桟橋から徒歩1分。18:30ころに到着した時はすでにイベントの真最中でした。

この遠方で何か盛り上がっているという状況、好きです!

 

DSC_1448

昨年は予想外に人出の多かったためか、屋台に売り切れが続出して殆ど何も変えない状況だったのですが、今回は色々なものが食べられました☆

 

DSC_1446

太鼓や塩釜高校のブラバンなども盛り上げてくれました。

 

DSC_1463

夏祭りと言えば盆踊り!盆踊りなんていつぶりだろう?

最後は2重の輪になってみんなで踊りました。

 

DSC_1480 DSC_1482

そして、ビンゴ大会!司会のアサノタケフミくん、佐藤愛由美ちゃんも頑張っていました。ナイス司会!

 

IMG_4178

そして、(僕も含め)うちのメンバーはビンゴ運悪いこともわかりました(笑)

 

DSC_1570 DSC_1572 DSC_1559

そして、いよいよ打ち上げ花火の時間。

桂島の花火は打ち上げ位置が客席から近く迫力満点!

 

ところで、色々な花火がありますが、みなさんはどんな花火がお好きですか?

僕はやっぱりこれ↓

 

DSC_1583

夜空いっぱいに拡がり尾をひいて落ちるこのタイプが好きです^^

また、花火が打ち上げられる時、協賛していただいたみなさんの名前やメッセージが読み上げられます。

花火一発一発に色々な想いが込められているんだなぁ。

一口5000円から協賛あったようなので、来年はやってみるかなぁ(^▽^)

 

DSC_1592 

帰りは恒例の紙テープでお別れ。

これがなかなか良いのです☆

 

DSC_1597

また来年来るね〜!

 

ちなみに、8月14日は野々島の花火大会ですよん^^

IMG_4172

今年は会場付近が絶賛護岸工事中で危ないので、地元の人向けの規模でやるそう。

そのため、島を往復する臨時便も出ないので見には行けませんが、来年は行きたいですね〜。

IMG_4196

島ソンに参加してきました。

第一回島ソン〜浦戸諸島ハッカソンに参加してきました。

島ソンは、浦戸諸島を舞台に、浦戸の魅力や抱える問題から、課題を設定して、その場で解決するためのアプリケーションを作ってしまおうというプログラミング合宿です。

島ガイドとして、参加させていただきましたが、ノンプログラマでも充分に参加でき、とても楽しい体験をさせていただきました!

プログラマでなくても楽しめる。

島ソンは、浦戸の方々を交えての島の現状説明会と、その後のアイデア出しから始まります。

20140527-170746-61666385.jpg島からの現状説明会。ファシリテーターの中西さん、お疲れ様です!

20140527-170945-61785104.jpg参加者か出てきたテーマに沿って、アイデアを拡げる!合言葉は『いいね!』この一言で、どんどん理性のタガが外れていきます(笑)
僕たちのチームは、島でイベントを開催して、魅力をPRしていこうという話から膨らませて行きました。

実は、このアイデア出しがキモ。
プログラミング合宿と言うと、プログラミングができないと…と感じてしまいますが、この部分にはプログラミングスキル一切不要。むしろ、実装の際の固定概念に囚われない分、ノンプログラマの方が自由に発想できるかもと思った。一緒に参加したよみ!塩メンバー(プログラミングできない)も楽しんでくれた模様。よみ!塩でもやりたいね。

20140527-171624-62184091.jpg
マインドマップでアイデアを拡げた後は、各自企画案を捻り出してみんなの前で紹介。
ここで、企画を7つに絞ってチーム作り。島中に点在するボラ(洞穴)推しのアプリ、浦戸の萌えキャラゲームアプリ、浦戸の産品を使ったC○○kpadの様なアプリ、浦戸の景色をアーカイブするアプリなど、面白そうな企画が続々。僕たちは、浦戸諸島を舞台にリアル脱◯ゲームをしようという話に。

島を満喫することも大切

チーム編成ができたあとは、各チームで島を歩き回って素材集め。
ここで、参加者自体島の魅力を満喫☆やっぱり、自分たちが楽しめる島じゃないとね。

20140527-172431-62671918.jpg
20140527-172432-62672362.jpg
島の楽しみといえばご飯も忘れては行けないですね。(写真撮るの忘れてしまいましたが、)昼は浦戸の産品を使った特製弁当、夜は刺身にホタテ焼きやカキ焼き♪

20140527-174546-63946146.jpg

あとは作る作る気合で作る!

素材が集まったらあとはカタチにするのみ!発表会のある翌日昼までに、一晩で企画をカタチにできるのはIT系の強みですよね。作るの眺めてて『すごいな〜。羨ましいなぁ〜。』と思ってしまった。ちょっとはやってみようかな。

20140527-174322-63802779.jpg

そして発表会

最後はみんなでアプリケーションの発表会。技術力、企画の面白さ・マニアックさ、完成の高さなど、特筆すべきところは様々だけど、みんな面白かった!
よみ!塩でも使いたいなーというアイデアも沢山ありました。みんなぜひ形にして欲しいです!

おわりに

島の課題を解決しようという試みは震災以降様々な団体が幾度となく行ってきたけれど、企画倒れになってしまうものが殆どだった様に思います。そのせいもあってか、『自分たちのことを思って来てくれるのは嬉しいんだけど…』と島の住民たちからは震災復興イベント対応疲れの声を聞くこともちらほら。その中で、今回の島ソンはアウトプット(カタチにすること)にこだわり、実際に今後も企画が進んで行きそうなものが多いのは本当に凄いと思います。さすが塩竈の巨人小泉勝志郎さん。

あと、印象に残ったものはやはり防潮堤。今後工事が進められ、浦戸でも地面から2〜3mの高さの壁が島を覆う。当然海なんて見えやしない。実際防潮堤が完成したときの景色や住民や来訪者に対するその心理的影響って、ちゃんと考えてるのかな?って思ってしまう。
アイデア出しのときに『透明の防潮堤があったら良いのに』と言った参加者がいたけど、まさにそうだと思った。例え近くにあっても、全く見えない海の側で暮らす意味って何だろ?って思ってしまう。

あー、ちょっと暗くなってしまった!(笑)

第一回島ソン〜浦戸諸島ハッカソン、とても楽しかったです!
その名の示す通り、第二回、第三回の開催を希望します☆
そのときは、うちらが誠意制作中の浦戸諸島リアル謎解きゲームも体験プログラムに組み込んでもらおうかな!みんな帰ってこなかったりして(笑)

しおがまさま神々の花灯り

花灯りを見てきました。

20140420-160858.jpg

花灯りは、桜の季節にあわせて鹽竈神社と御釜神社を竹ロウソクでライトアップするイベントです。
普段見慣れた神社も、ろうそくの柔らかな灯りに照らされて、より一層美しく輝いていました。

20140420-150146.jpg
こんな感じの景色が、

20140420-150218.jpg
こうなります。

また、鹽竈神社では、様々な演奏も行われたようです。
(僕は用事があって見れませんでしたが)

20140420-150245.jpg

20140420-150252.jpg
おもて坂下には、ロウソクで『和』の文字が。

花灯りに合わせて、酒蔵めぐりも開催されていました。
特製グラスを買うと、浦霞醸造元佐浦、阿部勘酒造店、熊久商店で試飲して歩くことができます。
また、道路沿いの何店舗では、玉こんや味噌焼きドーナッツなどを販売してるところも。

20140420-155735.jpg

20140420-155750.jpg
夕暮れ時に、グラス片手に温かい灯りの灯った店舗を歩き回るのは何とも風情のある楽しい時間でした。

次のイベントは花まつりですね!
今回もご奉仕させていただく予定です。

お神輿に興味がある方、一緒に担いでみませんか?

OH!釜スイーツカフェ。

OH!釜スイーツカフェに行ってきました。

20140416-074817.jpg

OH!釜スイーツカフェとは、御釜神社の向かいの松亀園で開催されるスイーツの新作発表会。
御釜神社のの由来にもなった製塩の地塩竈で藻塩を使ったスイーツカフェの開催。
藻塩を使った新作スイーツが勢ぞろい。
その他、この日限定の特別スイーツも出て、平日の午前中にも関わらず店内は賑わってました。

僕がいただいたのは、お取り寄せスイーツのお店えんふぁん。のOH!釜ジェラート。
20140416-075003.jpg
うまうまでした☆

何を隠そう、塩竈はスイーツも多いのです。今回参加した藻塩スイーツを扱っているお店だけでなく、駅周辺を中心に和洋問わず様々なお店が軒を連ねます。
塩竈でスイーツ巡りなんていかがでしょう。

あ、ご希望があればご案内いたしますよ(笑)