春の浦戸は居るだけで癒される。たとえ釣りはボウズでも。

GW満喫してますか?

私は大変癒されております。
五月の頭、浦戸寒風沢と野々島に行ってきました。

目的は、TANeFUNe企画を見に行くことと、釣り、そして”癒し”を求めて。

新緑の浦戸はどこも美しい!

この時期の浦戸は、草木のエネルギーに満ち溢れています。

自然の中を歩くだけで濃い自然のエネルギーを浴びてリフレッシュできるような気がします。

季節がら気候も良く、散策するのにも最適。

秋も歩きやすい季節ですが、私は春の方が好きですね(^^)

野々島に点在するボラ。震災後の嵩上げで埋められてしまうとか。 野々島のツバキロード。木漏れ日の中を歩くと、とてもすがすがしい気分に。 この時期の野々島は様々なところで菜の花を目にすることができます。太陽の光に、黄色い花びらが映えます。  晴天に恵まれ、寒風沢日和山からの景色もとてもいい。霞具合もたまりませんね。そんな中で行われたTANFUNe企画『野々島つばきトンネルと柴田三兄妹』。

 

自然の中で聴く三味線というのもなかなか良いものでした(^^)

つばきトンネルで三味線を披露する柴田三兄妹。

柴田三兄妹、また浦戸で演奏してほしいな〜。

企画をしてくれたTANeFUNe二代目船長、喜多さんありがとう!

 

TANeFUNeクルーズ。TANeFUNeが浦戸諸島にいるのは夏まで。

釣れなくても楽しいのだ!

もう一つの目的であった釣りの方は全くの空振り。

行ったメンバー全員合わせてわずか二匹。

あとはアタリすらほとんどないという。

あまりに釣れないので、仕掛けと対話してみる。

地元の人に聞いてみたところ、水温がまだ低くて魚が寄ってきていないのでは?とのこと。

釣れるようになるのはもう少しあとかな?

こちらは、散策とは反対に秋口の方が調子がいいかも。

しかし、それでも楽しいのだ。

普段、他のところで釣りをしているときに釣れないと肩を落として帰る羽目になるのだが、浦戸では自然とそうならない。

釣り糸を垂らしてぼーっとしてるだけでなんとなく楽しい。

ぼーっとしていると、普段なかなか気がつかない虫の音や鳥の鳴き声、木々の擦れる音が聞こえる。

静かで優しいが確かな音。

心が癒される。

釣り糸を垂らしながら、遠くの島々や鳥たち、時折行き交う船を眺める。この瞬間がたまらなくいいのだ。

震災の影響はまだまだ大きい

ひとつ残念なことといえば、嵩上げや防潮堤、復興公営住宅建設の真っ最中で、盛り土が至る所にあり、土埃が舞っていること。

この日は休日だったが、平日なら工事車両の作業音も鳴り響いていることだろう。

島民の方々は毎日工事の音を聞いて生活しているに違いない。

早く工事が終わって静かな日々が戻ってくることを切に願います。

 

色々書きましたが、浦戸の良さは言葉ではなかなか言い表せません。

ぜひ一度足を運んでいただいて、あなたの心に響く浦戸を探してみてください!

野々島秋祭り

野々島の秋祭りを見に行ってきました。

浦戸のお祭りは桂島、寒風沢に引き続き3つ目。今回は担がず道路脇からの応援です。

DSC_3169
拍子木や塩巻きは子ども達が担当。
DSC_3200
猿田彦さんの杖は子どもの手に。終始和気藹々とした雰囲気が流れていました。
DSC_3207
島での仙台白菜の栽培がご縁で、応援に駆けつけてくれた明成高校のみなさん。

 

DSC_3211
各島のお祭りの話から、昔の野々島のことまで色々な事を話してくれた、副区長のヒサオさん。

 

DSC_3216
御旅所では、食べ物や飲み物が振る舞われます。
DSC_3225
そして、なぜか突如校歌カラオケ大会が始まりました(笑)

 

DSC_3222
猿田彦さんのお面はとても立派でした。

 

DSC_3319
取りまとめをされてた遠藤さん、お疲れ様です!

 

DSC_3329
最後は区長さんの打ち鳴らす鐘で終了。

お疲れ様でした。

今年は、桂島から始まり、寒風沢、野々島と浦戸のお祭りを3つ見てきましたが、それぞれ特色があって面白かったです。来年以降もぜひ続いて欲しいですね(^^)

DSC_3166

エコツーリズム研修会

エコツーリズム研修会に参加してきました。

エコツーリズム研修会に参加してきました。

お前はガイドか?

いいえ。違います。

また、今後それを生業にするつもりも無いです。ただ、自分が魅せられた浦戸を人に伝えたいという気持ちや、どんどん廃れゆく浦戸をなんとかしたいという気持ちがあります。

震災後、父親の出身地である寒風沢島をはじめ、浦戸諸島との関わる機会が格段に増えたこともあって、島外の方々に島々を案内する機会が増えました。

色々な方をご案内するうちに見えてくるのは、浦戸における経験や浦戸に対する知識の不足。そして、案内の仕方のへたっぴさ。

これまでの経験が無いことはどうしようもないけれど、これから蓄積して語っていけばいい。

知識は勉強すればいい。

ガイドの仕方も勉強すればいいのだ。

というわけで、エコツーリズム研修会に参加することになったのです。

 

ガイドは地域とお客を繋ぐパイプ。

研修会は、エコツーリズムとは?から始まり、法的な話、安全確保、ガイドテクニックなど、ガイドのおおよそ全般にわたる内容。

特に心に残ったのは、『お客さんはガイドにつくんですよ』という講師の方の言葉。

確かにそうだと思った。

お客さんはガイドを通して観光地と触れ合います。いくら素晴らしい資源があっても、ガイドがそれを活かせなかったら、その土地の魅力を伝えきることはできません。

じゃあ、どうやって伝えるの?

講師の方もおっしゃってましたが、伝え方はガイドのパーソナリティー次第。表現力豊かな人ならば、その言葉や仕草でお客さんを引き込むこともできるでしょうが、眠くもないのに『眠いの?』と聞かれたり、怒ってもいないのに『怒ってるの?』と言われてしまうほど感情表情に乏しい僕には、至難の技です。

さて、僕にはどんなガイドができるんだろう?

自問自答が続きます。

 

 

レンブラント光線! (天使の階段)
レンブラント光線!
(天使の階段)
ツーリズムを行う際の心得を勉強。
ツーリズムを行う際の心得を勉強。
後半は、実際に島の見どころを案内してみます。
後半は、実際に島の見どころを案内してみます。
宇内浜。
宇内浜。
石浜の白石邸跡。
石浜の白石邸跡。
アザラシのマネ。体を張ってPR。
アザラシのマネ。体を張ってPR。

 

塩竈浦戸(プチ)のりフェスティバル2014

の〜り、のり♪
塩竈浦戸(プチ)のりフェスティバル2014に参加してきました〜。

塩竈浦戸(プチ)のりフェスティバル2014に参加してきました〜。

会場は、野々島のブルーセンター。

アットホームな雰囲気の中、浦戸の海苔を堪能しました。

IMG_4329
カモメたちがお出迎え。
IMG_4331
のりフェスのチラシ。 プチと言いつつ、海苔盛り沢山です。
IMG_4334
GEN☆kidsの海苔ダンス。
IMG_4338
ワークショップも開催。
IMG_4341
のり弁コンテスト!
IMG_4345
これが意外とレベル高い。
IMG_4346
海苔料理も色々出てきました。
IMG_4347
本塩釜駅前のTAVERNA GIROさんも発見。
IMG_4354
区長も味わっています。
IMG_4360
海苔と言えば、この二人! アサノタケフミくんとのりレンジャー!
IMG_4381
やばい…このTシャツ欲しい(笑) (スタッフじゃないけど)