春の浦戸は居るだけで癒される。たとえ釣りはボウズでも。

GW満喫してますか?

私は大変癒されております。
五月の頭、浦戸寒風沢と野々島に行ってきました。

目的は、TANeFUNe企画を見に行くことと、釣り、そして”癒し”を求めて。

新緑の浦戸はどこも美しい!

この時期の浦戸は、草木のエネルギーに満ち溢れています。

自然の中を歩くだけで濃い自然のエネルギーを浴びてリフレッシュできるような気がします。

季節がら気候も良く、散策するのにも最適。

秋も歩きやすい季節ですが、私は春の方が好きですね(^^)

野々島に点在するボラ。震災後の嵩上げで埋められてしまうとか。 野々島のツバキロード。木漏れ日の中を歩くと、とてもすがすがしい気分に。 この時期の野々島は様々なところで菜の花を目にすることができます。太陽の光に、黄色い花びらが映えます。  晴天に恵まれ、寒風沢日和山からの景色もとてもいい。霞具合もたまりませんね。そんな中で行われたTANFUNe企画『野々島つばきトンネルと柴田三兄妹』。

 

自然の中で聴く三味線というのもなかなか良いものでした(^^)

つばきトンネルで三味線を披露する柴田三兄妹。

柴田三兄妹、また浦戸で演奏してほしいな〜。

企画をしてくれたTANeFUNe二代目船長、喜多さんありがとう!

 

TANeFUNeクルーズ。TANeFUNeが浦戸諸島にいるのは夏まで。

釣れなくても楽しいのだ!

もう一つの目的であった釣りの方は全くの空振り。

行ったメンバー全員合わせてわずか二匹。

あとはアタリすらほとんどないという。

あまりに釣れないので、仕掛けと対話してみる。

地元の人に聞いてみたところ、水温がまだ低くて魚が寄ってきていないのでは?とのこと。

釣れるようになるのはもう少しあとかな?

こちらは、散策とは反対に秋口の方が調子がいいかも。

しかし、それでも楽しいのだ。

普段、他のところで釣りをしているときに釣れないと肩を落として帰る羽目になるのだが、浦戸では自然とそうならない。

釣り糸を垂らしてぼーっとしてるだけでなんとなく楽しい。

ぼーっとしていると、普段なかなか気がつかない虫の音や鳥の鳴き声、木々の擦れる音が聞こえる。

静かで優しいが確かな音。

心が癒される。

釣り糸を垂らしながら、遠くの島々や鳥たち、時折行き交う船を眺める。この瞬間がたまらなくいいのだ。

震災の影響はまだまだ大きい

ひとつ残念なことといえば、嵩上げや防潮堤、復興公営住宅建設の真っ最中で、盛り土が至る所にあり、土埃が舞っていること。

この日は休日だったが、平日なら工事車両の作業音も鳴り響いていることだろう。

島民の方々は毎日工事の音を聞いて生活しているに違いない。

早く工事が終わって静かな日々が戻ってくることを切に願います。

 

色々書きましたが、浦戸の良さは言葉ではなかなか言い表せません。

ぜひ一度足を運んでいただいて、あなたの心に響く浦戸を探してみてください!

野々島秋祭り

野々島の秋祭りを見に行ってきました。

浦戸のお祭りは桂島、寒風沢に引き続き3つ目。今回は担がず道路脇からの応援です。

DSC_3169
拍子木や塩巻きは子ども達が担当。
DSC_3200
猿田彦さんの杖は子どもの手に。終始和気藹々とした雰囲気が流れていました。
DSC_3207
島での仙台白菜の栽培がご縁で、応援に駆けつけてくれた明成高校のみなさん。

 

DSC_3211
各島のお祭りの話から、昔の野々島のことまで色々な事を話してくれた、副区長のヒサオさん。

 

DSC_3216
御旅所では、食べ物や飲み物が振る舞われます。
DSC_3225
そして、なぜか突如校歌カラオケ大会が始まりました(笑)

 

DSC_3222
猿田彦さんのお面はとても立派でした。

 

DSC_3319
取りまとめをされてた遠藤さん、お疲れ様です!

 

DSC_3329
最後は区長さんの打ち鳴らす鐘で終了。

お疲れ様でした。

今年は、桂島から始まり、寒風沢、野々島と浦戸のお祭りを3つ見てきましたが、それぞれ特色があって面白かったです。来年以降もぜひ続いて欲しいですね(^^)

DSC_3166

エコツーリズム研修会

エコツーリズム研修会に参加してきました。

エコツーリズム研修会に参加してきました。

お前はガイドか?

いいえ。違います。

また、今後それを生業にするつもりも無いです。ただ、自分が魅せられた浦戸を人に伝えたいという気持ちや、どんどん廃れゆく浦戸をなんとかしたいという気持ちがあります。

震災後、父親の出身地である寒風沢島をはじめ、浦戸諸島との関わる機会が格段に増えたこともあって、島外の方々に島々を案内する機会が増えました。

色々な方をご案内するうちに見えてくるのは、浦戸における経験や浦戸に対する知識の不足。そして、案内の仕方のへたっぴさ。

これまでの経験が無いことはどうしようもないけれど、これから蓄積して語っていけばいい。

知識は勉強すればいい。

ガイドの仕方も勉強すればいいのだ。

というわけで、エコツーリズム研修会に参加することになったのです。

 

ガイドは地域とお客を繋ぐパイプ。

研修会は、エコツーリズムとは?から始まり、法的な話、安全確保、ガイドテクニックなど、ガイドのおおよそ全般にわたる内容。

特に心に残ったのは、『お客さんはガイドにつくんですよ』という講師の方の言葉。

確かにそうだと思った。

お客さんはガイドを通して観光地と触れ合います。いくら素晴らしい資源があっても、ガイドがそれを活かせなかったら、その土地の魅力を伝えきることはできません。

じゃあ、どうやって伝えるの?

講師の方もおっしゃってましたが、伝え方はガイドのパーソナリティー次第。表現力豊かな人ならば、その言葉や仕草でお客さんを引き込むこともできるでしょうが、眠くもないのに『眠いの?』と聞かれたり、怒ってもいないのに『怒ってるの?』と言われてしまうほど感情表情に乏しい僕には、至難の技です。

さて、僕にはどんなガイドができるんだろう?

自問自答が続きます。

 

 

レンブラント光線! (天使の階段)
レンブラント光線!
(天使の階段)
ツーリズムを行う際の心得を勉強。
ツーリズムを行う際の心得を勉強。
後半は、実際に島の見どころを案内してみます。
後半は、実際に島の見どころを案内してみます。
宇内浜。
宇内浜。
石浜の白石邸跡。
石浜の白石邸跡。
アザラシのマネ。体を張ってPR。
アザラシのマネ。体を張ってPR。

 

塩竈浦戸(プチ)のりフェスティバル2014

の〜り、のり♪
塩竈浦戸(プチ)のりフェスティバル2014に参加してきました〜。

塩竈浦戸(プチ)のりフェスティバル2014に参加してきました〜。

会場は、野々島のブルーセンター。

アットホームな雰囲気の中、浦戸の海苔を堪能しました。

IMG_4329
カモメたちがお出迎え。
IMG_4331
のりフェスのチラシ。 プチと言いつつ、海苔盛り沢山です。
IMG_4334
GEN☆kidsの海苔ダンス。
IMG_4338
ワークショップも開催。
IMG_4341
のり弁コンテスト!
IMG_4345
これが意外とレベル高い。
IMG_4346
海苔料理も色々出てきました。
IMG_4347
本塩釜駅前のTAVERNA GIROさんも発見。
IMG_4354
区長も味わっています。
IMG_4360
海苔と言えば、この二人! アサノタケフミくんとのりレンジャー!
IMG_4381
やばい…このTシャツ欲しい(笑) (スタッフじゃないけど)

 

桂島夏祭り花火大会 ~みんなの思いはひとつ~

今年も桂島の夏祭りに参加してきました!

ここ数日天候がよろしくなかったので、当日も雨降るんじゃないかと思っていましたがなんのその。

涼しく爽やかな風がそよそよと流れ、絶好の夏祭り日和でした!

DSC_1583

桂島夏祭り花火大会は、毎年8月13日に桂島漁港で開催され、打ち上げ花火の他、盆踊りや各種演奏があり、出店も出て、賑やかな地域の夏祭りです。

花火を打ち上げるのも地元桂島・野々島の花火師のみなさんという気合の入れ様。

地域の夏祭りだからといって地元の人だけが参加できるわけではなく、外からの人も絶賛welcome!

このイベントのために臨時便も出ます。

 

DSC_1441 IMG_4171

桂島への特別乗船券。なぜか市営汽船を背景にその記念写真(?)を撮る人たち(笑)

 

DSC_1443

会場は、桂島漁港。桟橋から徒歩1分。18:30ころに到着した時はすでにイベントの真最中でした。

この遠方で何か盛り上がっているという状況、好きです!

 

DSC_1448

昨年は予想外に人出の多かったためか、屋台に売り切れが続出して殆ど何も変えない状況だったのですが、今回は色々なものが食べられました☆

 

DSC_1446

太鼓や塩釜高校のブラバンなども盛り上げてくれました。

 

DSC_1463

夏祭りと言えば盆踊り!盆踊りなんていつぶりだろう?

最後は2重の輪になってみんなで踊りました。

 

DSC_1480 DSC_1482

そして、ビンゴ大会!司会のアサノタケフミくん、佐藤愛由美ちゃんも頑張っていました。ナイス司会!

 

IMG_4178

そして、(僕も含め)うちのメンバーはビンゴ運悪いこともわかりました(笑)

 

DSC_1570 DSC_1572 DSC_1559

そして、いよいよ打ち上げ花火の時間。

桂島の花火は打ち上げ位置が客席から近く迫力満点!

 

ところで、色々な花火がありますが、みなさんはどんな花火がお好きですか?

僕はやっぱりこれ↓

 

DSC_1583

夜空いっぱいに拡がり尾をひいて落ちるこのタイプが好きです^^

また、花火が打ち上げられる時、協賛していただいたみなさんの名前やメッセージが読み上げられます。

花火一発一発に色々な想いが込められているんだなぁ。

一口5000円から協賛あったようなので、来年はやってみるかなぁ(^▽^)

 

DSC_1592 

帰りは恒例の紙テープでお別れ。

これがなかなか良いのです☆

 

DSC_1597

また来年来るね〜!

 

ちなみに、8月14日は野々島の花火大会ですよん^^

IMG_4172

今年は会場付近が絶賛護岸工事中で危ないので、地元の人向けの規模でやるそう。

そのため、島を往復する臨時便も出ないので見には行けませんが、来年は行きたいですね〜。

IMG_4196

寒風沢をまるっと楽しみました。

みんなで何かをするわけでもなく。
寒風沢の大自然の中で、思い思いの楽しみ方をする。

寒風沢を満喫してきました。

みんなで何かをするわけでもなく。

寒風沢の大自然の中で、思い思いの楽しみ方をする。

 

寒風沢を満喫してきました。

日々の喧騒から解き放たれ、心も身体も存分に解放した二日間。

最高のひと時でした。

 

ビーチにパラソルを出して寝転ぶだけで満足できてしまいます。

 

やはり、寒風沢には、純米吟醸寒風沢が似合います。

 

1日目のお昼は浦戸の食材を使ったお弁当でした。なかなか美味!

 

二日目のお昼はバーベキュー。それぞれ、思い思いの食材を持ち寄って楽しみます。

 

真夏のビーチでスイーツも作っちゃいます。

 

心が解放され、デカっぽくもなってしまいます。

 

もちろん、凧上げもOK。

 

さつま揚げもOK。(文さん、差し入れありがとうございます!)

 

気分は、アネッサのCMに出てくるエビちゃんです。

 

民宿の夜といえば…コレですよね!食べきれないほどの海の幸!

 

夜は桟橋で釣り。隣でやってる花火の煙が凄いことになっています。

 

眠そうな顔してますが、この後桟橋で寝てしまい、一時行方不明に。(ご迷惑をおかけしましたw)

 

エビちゃん再登場です。

 

島の散策も気持ちがいい。車などの音が全く無いので、最初は何かが足りない感覚を覚えますが、次第に、鳥の声、虫の音、木々の擦れる音など、非常に賑やかであることに気がつきます。

 

あまりにハッチャケすぎて、携帯水没しました。

 

また来年も企画したいな。

群馬の子どもたちと塩竈松島巡り

7/29, 30と、塩竈・松島巡りをしてきました。

20140731-150419-54259894.jpg

今回のお客様は、群馬から来てくれた小一ガールズと引率の先生たち。
快晴にも恵まれ、楽しい二日間でした☆

初日、初めに訪れたのは小島蒲鉾店
蒲鉾工場見学をし、工程を習い、美味しい焼きたて蒲鉾をいただきました。
笹かま未体験の子も多く、初めての笹かまにドキドキ。しかし、みんな『美味しい!』ってくれました。
直接対応に当たってくれたささかまんをはじめ、小島蒲鉾店のみなさま、お忙しい中ご協力いただきありがとうございます!
子どもたちはきっと”ささかま”ではなく”ベロカマ”と覚えたでしょう^^

続いて訪れたのは塩釜水産物仲卸市場
海無し県の子どもたちに、普段はなかなか見ることのできない活魚を見て、My海鮮丼を体験してもらおうと思いまして。
閉店時間近くに行ってしまったので、お店に出てるお魚の量は少なかったのですが、子供たちは目線に近い高さにある大きなお魚さんたちに興味津々。あっちに行ったりこっちに行ったり。
続いてMy海鮮丼つくり。
テーブルに市場で買ってきた刺身類を並べ、子どもたちに白米とお味噌汁をわたして『好きな具材を乗っけてオリジナル海鮮丼をつくろう!』と言ったものの、子どもたちの箸の動きが鈍い。どうやら、初めて見る食材になかなか手をつけられない模様。アレルギーには気をつけていたのですが、こっちはノーマークでした。新発見。
それでも、厚焼き卵やイクラを中心に、銘銘好きな具材をご飯に載せて、器用に箸を使って食べてくれました^^
大江くんカネマルさんをはじめ仲卸市場のみなさま、ありがとうございます。

海鮮丼でお腹を満たした後は、仁王丸で松島湾一周クルージング♪少し靄がかかってましたが、島々の中を船で巡る旅、いかがだったでしょうか?
そして、帰りに土産屋でお土産を買って一日目終了。
僕は用事があって参加できなかったのですが、夕飯はホテルで海鮮バーベキューだったようです。一日海鮮づくしでしたね。

二日目は浦戸!
桂島のビーチで、海水浴や貝殻拾いをしたり。磯っぽいところで、海藻や海辺の生き物触ったり。みんなもっと海を恐がるのかと思ったのに、元気に遊んでました。仲卸市場でもらったホタテの貝殻のお手紙、もうすぐお父さんお母さんに届くかな?やたらとたくさん拾っていったホッキ貝の貝殻、おうちでどうするんだろ?(笑)

この二日間、小さな子どもたちととても楽しい時間を過ごしました。
そして、子どもたちが予想以上にしっかりしてることにビックリ!自分の小さい頃って、もっとアホだった気がする…(笑)

一緒に過ごした二日間、拙いガイドではありましたが、何か一つでも持って帰ってくれるものがあれば幸いですね。
いや、彼女らは僕の想像してるよりもずっと多くのことを感じてくれたかもなぁ。

もっと地元のこと色々勉強して、引き出し作っておこう!

(しかし、iPhoneで写真撮っていたはずなのに、数枚を除いてどこにも見当たらん。どこいったんだろ?)

寒風沢をまるっと楽しむ会を開催します(8月2日3日)

寒風沢前浜の風景 8月2日3日の2日間で、寒風沢をまるっと楽しむ会を開催します。

寒風沢前浜のビーチを中心に、泳いだり、ひなたぼっこしたり、景色を眺めたり、史跡を散策したり、釣りをしたり・・・。

日々の喧騒から離れ、心も体もリラックスすること間違いなしです☆

宿泊でも、1日だけの参加でもOK!

もちろん、誰でも参加可能です!

ご興味のある方は、ご連絡ください!一緒に楽しみましょう!

 

寒風沢をまるっと楽しむ会

日時:8月2日3日
 主催者(土見)は、2日9:30発の船で寒風沢に渡り、3日16:38発の船で帰る予定です。
 途中参加問題なしです。

費用:昼食代各日2000円+乗船代(+宿泊する方は宿泊費7000円)

申し込み〆切:7月10日(宿泊しない方は7月25日)〆切ました!

その他:

  • お食事は用意しますが、お飲み物は各自飲みたいものを飲みたいだけお持ちよりください。
  • パラソルや椅子、テーブル、テント、BBQコンロ(とお食事)などはご用意しますが、基本的に終日freeタイムです。
  • 楽しみ方は自由。楽しむご準備を。
  • お宿には限りがあり、ご期待にそえられない可能性もあります。泊まりたい方は早めにご連絡くださいませ^^〆切ました!

 

お申し込みはfacebookイベントから。

または、お問い合わせページからの参加表明でもOKです☆

島ソンに参加してきました。

第一回島ソン〜浦戸諸島ハッカソンに参加してきました。

島ソンは、浦戸諸島を舞台に、浦戸の魅力や抱える問題から、課題を設定して、その場で解決するためのアプリケーションを作ってしまおうというプログラミング合宿です。

島ガイドとして、参加させていただきましたが、ノンプログラマでも充分に参加でき、とても楽しい体験をさせていただきました!

プログラマでなくても楽しめる。

島ソンは、浦戸の方々を交えての島の現状説明会と、その後のアイデア出しから始まります。

20140527-170746-61666385.jpg島からの現状説明会。ファシリテーターの中西さん、お疲れ様です!

20140527-170945-61785104.jpg参加者か出てきたテーマに沿って、アイデアを拡げる!合言葉は『いいね!』この一言で、どんどん理性のタガが外れていきます(笑)
僕たちのチームは、島でイベントを開催して、魅力をPRしていこうという話から膨らませて行きました。

実は、このアイデア出しがキモ。
プログラミング合宿と言うと、プログラミングができないと…と感じてしまいますが、この部分にはプログラミングスキル一切不要。むしろ、実装の際の固定概念に囚われない分、ノンプログラマの方が自由に発想できるかもと思った。一緒に参加したよみ!塩メンバー(プログラミングできない)も楽しんでくれた模様。よみ!塩でもやりたいね。

20140527-171624-62184091.jpg
マインドマップでアイデアを拡げた後は、各自企画案を捻り出してみんなの前で紹介。
ここで、企画を7つに絞ってチーム作り。島中に点在するボラ(洞穴)推しのアプリ、浦戸の萌えキャラゲームアプリ、浦戸の産品を使ったC○○kpadの様なアプリ、浦戸の景色をアーカイブするアプリなど、面白そうな企画が続々。僕たちは、浦戸諸島を舞台にリアル脱◯ゲームをしようという話に。

島を満喫することも大切

チーム編成ができたあとは、各チームで島を歩き回って素材集め。
ここで、参加者自体島の魅力を満喫☆やっぱり、自分たちが楽しめる島じゃないとね。

20140527-172431-62671918.jpg
20140527-172432-62672362.jpg
島の楽しみといえばご飯も忘れては行けないですね。(写真撮るの忘れてしまいましたが、)昼は浦戸の産品を使った特製弁当、夜は刺身にホタテ焼きやカキ焼き♪

20140527-174546-63946146.jpg

あとは作る作る気合で作る!

素材が集まったらあとはカタチにするのみ!発表会のある翌日昼までに、一晩で企画をカタチにできるのはIT系の強みですよね。作るの眺めてて『すごいな〜。羨ましいなぁ〜。』と思ってしまった。ちょっとはやってみようかな。

20140527-174322-63802779.jpg

そして発表会

最後はみんなでアプリケーションの発表会。技術力、企画の面白さ・マニアックさ、完成の高さなど、特筆すべきところは様々だけど、みんな面白かった!
よみ!塩でも使いたいなーというアイデアも沢山ありました。みんなぜひ形にして欲しいです!

おわりに

島の課題を解決しようという試みは震災以降様々な団体が幾度となく行ってきたけれど、企画倒れになってしまうものが殆どだった様に思います。そのせいもあってか、『自分たちのことを思って来てくれるのは嬉しいんだけど…』と島の住民たちからは震災復興イベント対応疲れの声を聞くこともちらほら。その中で、今回の島ソンはアウトプット(カタチにすること)にこだわり、実際に今後も企画が進んで行きそうなものが多いのは本当に凄いと思います。さすが塩竈の巨人小泉勝志郎さん。

あと、印象に残ったものはやはり防潮堤。今後工事が進められ、浦戸でも地面から2〜3mの高さの壁が島を覆う。当然海なんて見えやしない。実際防潮堤が完成したときの景色や住民や来訪者に対するその心理的影響って、ちゃんと考えてるのかな?って思ってしまう。
アイデア出しのときに『透明の防潮堤があったら良いのに』と言った参加者がいたけど、まさにそうだと思った。例え近くにあっても、全く見えない海の側で暮らす意味って何だろ?って思ってしまう。

あー、ちょっと暗くなってしまった!(笑)

第一回島ソン〜浦戸諸島ハッカソン、とても楽しかったです!
その名の示す通り、第二回、第三回の開催を希望します☆
そのときは、うちらが誠意制作中の浦戸諸島リアル謎解きゲームも体験プログラムに組み込んでもらおうかな!みんな帰ってこなかったりして(笑)

うらとラウンジ〜菜の花〜いよいよオープンです☆

20140416-075532.jpg

うらとラウンジ〜菜の花〜がいよいよオープンしました!

うらとラウンジ〜菜の花〜は、市営汽船を利用される方々の待合室と、コミュニティスペースの機能を併せ持った空間として、浦戸野々島にある浦戸諸島開発総合センター(通称ブルーセンター)の一室を改修して作られました。ラウンジ内には、浦戸の四季折々の風景を切り撮った写真や、浦戸の文化を学べる資料が展示されております。また、イベントスペースやギャラリーとしても利用することも可能です(詳しくはブルーセンターまでお問い合わせください)。

営業時間は、平日8:00〜16:53(市営汽船上り最終便出発前まで)、土日祝8:30〜16:53となっております。

震災後、待合所すらなかった野々島にとっては、待合所ができただけでもとても嬉しいことなんじゃないかと思います。
そして、浦戸を訪れる方々にとっても、気軽に休んだり浦戸を学んだりできる場所ができたことはとてもいいこと。

冒頭の看板は浦戸第二小学校・中学校の生徒がデザインも考えて制作・寄贈してくれたもの。
船着場からもよく見えます。

ちなみに、『菜の花』という名前も。

中に入ると、そこは、木を基調としたどこか懐かしく暖かな空間。休みの日にただぼんやりしに来るだけでもいいかも。

20140416-080358.jpg

そして、浦戸の風景や歴史・文化を伝える資料が並んでいるので、浦戸の魅力に触れられる良い空間になっていると思います。

この場所が、浦戸の歴史や文化を伝える場所となって、そこで生まれる学びや交流が浦戸のくらしを護るきっかけになってくれればいいなと願います。